HOME > ベビーベッド屋さんのベッドはココが違う!

ベビーベッド屋さんのベッドはココが違う!

キンタローのベッドはぜ~んぶ、エコタイプ!

眠りの環境を安全に。

キンタローのベッドはぜ~んぶ、エコタイプ!

一日のほとんどをねんねで過ごす赤ちゃんのために、
眠りの環境を守りたいと願う、キンタローベッドはすべてエコタイプ。シックハウス症候群などアレルギーや過敏症の原因となる物質を最低限に抑えました。素材や原料の安全性が気になるママも安心の製品ばかりです。

シックハウス症候群とは?

屋内で発生するダニ・カビ・埃やVOCが人体にさまざまな症状をおこす病気のことです。
(VOCとは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)のことで、
常温で蒸発・気化する有機化合物の総称です。
ホルムアルデヒドのほかにトルエン・スチレン・キシレン等がこれに含まれます。)
塗料や接着剤、ベニヤ合板にVOCが含まれており、これらの物質などによる室内汚染で、
目や喉の痛み、頭痛、皮膚炎や、気分が悪くなったりするなど

様々な症状を引き起こす可能性があるとさえ言われています。
ベニヤ合板・MDFボードは、JAS規格・JIS規格により安全性の規格が定められています。

地球環境のことまで考えています。

キンタローのベッドはすべて純木製品。 地球環境にとって大切な木材から作られています。だから私たちは、ベビーベッドとしてはもちろんサークルやジュニアベッドなど組み替えて多用途に長く使っていただける製品を通して、木の温かみをお子さまに伝えていきたいと考えてます。ひとつの品を長く大切に使っていくキンタローのロングライフベビーベッド。それは地球環境に優しい、まさにエコロジーなベッドなのです。


「ベビーベッド」の安全性

「エコ」の誇り-F☆☆☆☆は安全性へのこだわりの証-

塗料をはじめ接着剤も合板部分も安全性に関する
JIS規格の国内最高値F☆☆☆☆取得材料だけをしっかり選んで使用しています。
それがキンタローベッドの、安心&安全という「エコ」へのこだわり。
※商品名に『エコ』が入った商品が目印です!※

塗料へのこだわり…
トルエン・キシレン・ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物(VOC)を含まない塗料を使用
しています
赤ちゃんが舐めても大丈夫なように、塗料にはトコトンこだわりました。

接着剤にもこだわり…
シックハウス症候群のお原因のひとつとされるホルムアルデヒドを含まない接着剤を使用しています。

合板部分も…
安全性の高いMDF合板・ベニヤ合板を使用しているから安心。

大切な赤ちゃんが毎日使うものだから、安全性と耐久性は何より大切。

国が定めた安全基準(PSマーク)製品安全協会の安全基準(SGマーク)ともに、キンタローベッド全商品が合格。
耐久性も万全です。

安全基準に合格!

PS・SGマーク
安全基準合格品

キンタローのベビーベッドはすべて日本製です。全商品PSマーク・SGマークの登録工場で製造されており、安全基準に合格しています。
※いくつかの用途に使用できる乳幼児ベッドは、ベッドまたはサークルとして使用される場合のみSGマーク補償制度の対象となります。

キンタローベットは日本製。和歌山の自社工場でていねいに作られています。

ベビーベッド屋さんの木製品は日本製、和歌山の自社工場にて製造しています。
ベビーベッドが出来上がるまでの工程を紹介します。

1.材料

作業工程1

ベビーベッド本体に使用する木材は、25年前までは秋田や紀伊山地のブナ材でした。その後、南洋材のラミン材が主流になり、現在はマレーシアやインドネシアのニヤトー、ドリアン、ゴム材、ヨーロッパのビーチ材と多様な樹種を使用しています。ベビーベッドは、細い角材や丸棒で枠組されているので、反りのない強度のある木材を使用しています。

2.選別

作業工程2

板材、角材の状態の木材を、担当者が一本一本手に取りヒビ、割れ、虫食い、反り、などがないか確認しながら選別していきます。

3.加工(ほぞ加工・角穴加工)

作業工程3

ベビーベッドの枠組は、ホゾ(木と木を組み合わせる出っ張り)と角穴(で構成されています。それぞれ別々の機械で加工します。

4.加工(丸穴加工)

作業工程4

たくさんの丸棒を入れる丸穴は、多軸丸穴機で加工します。その他、組立の穴や床板を受けるボルトを入れる穴など、ベビーベッドは組立式のためいろんな穴が必要です。

5.加工(曲面加工・ルーター加工)

作業工程5

横枠の曲面加工や扉開閉のスライド溝などは、いろいろな形状の型を元に加工します。現在ではコンピュータをつかったNCルータという機械も使われています。

6.研磨

作業工程6

木材表面を削り手触りを滑らかにし、角面をペーパーで丸めて小さな曲面をつくり、赤ちゃんが手に触れても安全な形状にします。

7.塗装

作業工程7

加工されたパーツは、下塗り、上塗りと数回塗装する事によりキレイな仕上がりになります。1本1本ハンガーにかけ静電塗装機(電気的に塗料を付着させる機械)でスプレー塗装します。この時ナチュラル、ブラウン、ホワイトなどの色をつけます。塗料は、赤ちゃんがなめても安全なエコウレタン塗料を使用。

8.組立て

作業工程8

塗装されたパーツの角穴に接着剤を入れ枠組みし、プレス機でしっかりと組み合わせた後、タッカー釘を打ち込みます。一枠一枠作業者が確認しながら手作業で組み立てていきます。

9.検査

作業工程9

製品ロットごとに サイズ検査を行います。丸棒と丸棒の間隔85ミリ以下等の安全基準が満たされているか。その他にも定期的に、床板落下衝撃テストや側方加重テストを行い十分な強度と安全性が保たれているかテストします。

10.梱包

作業工程10

組立使用説明書や組立金具と一緒にダンボールケースに入れ梱包します。

11.出荷

作業工程11

こうして和歌山の工場より全国に出荷されます。

キンタローのベッドはこんなに便利!

赤ちゃんの安全と健康を守り、ママの育児を応援します。

赤ちゃんの安全と健康を守り、ママの育児を応援します。

ベビーベットでやんちゃな上の子やペットからガード。
しかも、マットの高さがすべて39㎝以上なので床からのホコリも防ぎます。また、赤ちゃんの世話をしやすいスライド式扉。マット下には収納棚があり、使い勝手のよい機能がいっぱいです。